cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狂であれ

吉田松陰は、狂という字を愛した。
実際、狂人であった。
その思想を維持するために。
自分の正しいと思うことを貫き通すために。

高杉晋作も、狂人であった。
その行動が。
“動けば雷電の如く発すれば風雨の如し”

二人の狂人が、藩を動かし世界を変えようとした。
そして後に藩が狂い狂人を超える。歴史が動く。



狂うってのは、言い換えるとマーケティングである。
ドラッカーが言ってた。
“イノベーションとマーケティングのみがプロフィットセンターである”と。
市場の創造。
広義に、曖昧に捕らえればそれは
「人が何か新しく行動をするための場とそのトリガーの創造」となる。
自分の信じるその場を産み出すために狂ったように突き進む。
何もお金だけの話じゃない。



その狂気は、多分に感情的な要素を含む定性的な周旋であり、
プロダクトアウトがマーケットインにころりと変わる力を持つ。
変わる瞬間革命が始まる。
必要なのは時勢を読む力とタイミング。




長州が藩をあげて狂気を帯びたのはなぜか。

・吉田松陰のその狂気を受け継いだ松下村塾の門下生が公家工作を行い、時勢を動かすキッカケを作った
・藩主が“そうせい侯”とあだ名されるほど、志士は好きなように動けた
・久坂玄瑞らが外国船にぶっ放した ←ここら辺で藩ごと狂い出す
・アメリカやフランスの軍艦にボコボコにされる
・薩摩に仕組まれて朝敵にされる

といった状況で四面楚歌に陥り、最も勤皇であるのに皮肉なことに孝明天皇には疎んじられ
その愛を受け入れられないがためにもだえ苦しむエネルギーが重なり狂った。
昨日まで時勢に乗っていたはずなのにその凋落は甚だ激しい。












翻って今の状況はどうか。

時代の寵児とまで呼ばれたベンチャーの雄が一転して倒産し
社長は変わるしリストラもあったし
いい感じに四面楚歌である。

個人レベルで言えば、妙に権限が与えられている。
与えられてるわけじゃないが、やっても許される環境。別名放置ともいう。
新潟でのルールの草案作りをなぜかやっている。
こんなぺーぺーがやってていいのか疑問だがそういう会社だ。基本誰も何もしてくれない。

今までは自分が頑張れば大概何とかなってきたが
今回はなんとかならない。
その上ちとグレーなところを狙っていかないといけない。政治力が試される。
狂だ。狂であらねばならぬ。

維新と違うのは、忠や義といった思想の部分が薄いこと。大事なトリガーの部分。
現代では損得を超えて命を張れるような人はほとんどいない。
その代わりになるのが利益を追求するための定量的なデータであり、まさに損得。
使える武器は昔に比べてずっと多いのだ。
そして、薄いと思いつつもやっぱり一番大事なのは信頼。
なんだかんだで人は人によって動かされる。

正直僕もそこまで会社に忠義を感じているわけではないが
クビ切られなかったのもきっと運命。
もうちょっと頑張れってこった。
そこに山があるなら登るっきゃない。



おもしろき こともなき世を おもしろく
すみなすものは こころなりけり
スポンサーサイト

| | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新聞の見出しの付け方

不正解はあるけど、正解はない。




新聞の見出しを書いている人が、先輩からいわれた言葉。

新聞はアナログな媒体であるが故に、ネットのアクセス数のようなダイレクトなフィードバックが受けられない。

購読数では記事単体の評価はできない。どこまでいってもプロダクトアウトであらざるを得ない。

だからこその冒頭の言葉である。マスに対する影響を行使できる媒体であるからこその守り、という感じがする。



だがそもそも、情報に攻めは必要なのか?

事実を伝える情報が1次情報、書き手の主観が加わったものが2次情報(社説など)とすると、

本来必要なのは1次情報であり、読み手がその1次情報を判断すべきではなかろうか。

しかし現代は情報が溢れ、読み手が全ての1次情報を判断していては時間がかかりすぎる。


だからこその2次情報であるが、扇動の可能性も含む。

含むというか現に世論はマスコミに操作される。

それはもう致し方ないこと。

だからこそプロダクトアウトであるが故の自己責任が大きいと感じる。


実際、1次情報であっても文字にした瞬間にそれは2次情報になる。

SVOのSとOを入れ替えるだけでガラッと印象が変わる。

人に伝えるという行為の責任を感じる。

だからこそ、やりがいはあると思う。

ただ、おもしろそうとは思うし文章を書くのは好きだけど

本当に求めている喜びはそこじゃないなーと感じた。



コミュニケーションを行う瞬間に話し手は情報を発し、聞き手は受け取る。

その際にどのような形で情報を提供するかによって聞き手への影響の度合いが変わる。

1対1のコミュニケーションであれば、その反応はダイレクトに返ってくる。

その反応による自己の喜怒哀楽こそが存在証明を確かめる方法だと思うし、それが日々の充実につながると思っている。



昔は漠然と大きいことがしたいと思っていたけれど

どうもそれは的を得ていないようで

大きければその反応の振れ幅が大きくなるというだけで

その実、求めている本質的な部分は「反応」そのものだ。



仕事をする上で人と関わることは切っても切り離せない

満たそうと思えばどんな仕事でも満たせる条件である

そうであるが故に意識しておかなければならないことである。





※ごめんなさいタイトルほとんど関係ないです

| | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロ

プロというのは

当たり前なことを

当たり前にできる人のことだと思う。



地位も知識も能力も学歴も関係なくて

自分がやりたいと思ったことを当たり前のごとくやる。

そこにウンチクは関係ない。



当たり前のことを当たり前のようにやるのは、

当たり前なことなんだけど難しい。

| | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

抱負

今日で卒業。新入社員を。
明日からは、2年目。







大学生のころから、ぼんやりと
コンサルになりたい
と思っていた。具体的にどうなりたいのかはわからなかった。
あのときの思いが、少し形になるようになった。





























コンサルティングというのは、肉体改造のコーチみたいなものである。


戦略系のコンサルは、
データに基づいた効率のいい筋トレプログラムを提案し、ダンベルを渡す。

これに従ってやれ、と。


システム系のコンサルは、
出力を備えた補助具を提供する。介護用のパワーを増強するロボみたいな。

うちの会社は、さながら企業をサイボーグ化している。




だがしかし、肉体改造をしようと言い出すのは親(経営陣)で
肉体改造させられるのは子(現場)である。

往々にして、やれと言われたことには反発するのが子の心情である。
経営陣の見る数字にはいい結果が出ていても、現場がそれを受け入れているのかは別問題。

その肉体改造の真の目的に、
現場がコミットしているのかが鍵となる。

意志があるのか、だ。














多くの日本人がブートキャンプに入隊したが、
それで一体何人が肉体改造に成功した?




本気で肉体改造したいと願うなら
DVDなんて見なくとも自分で筋トレくらいできる。

どんなに明晰な方法論があっても
どんなに素晴らしいシステムがあっても

使う気がなければタダのゴミ。

やる意志があるのか、だ。


改革に最も効果があるものは
当事者の「改革したい」という意志だ。






その意志の部分を、コンサルティングしたいのだ。
モチベーションに興味があるとずっといい続けてきたのもそれだ。

うちにある意識を引き出す。

ようするに、コーチングとかファシリテーターといった分野だと思う。





今の会社でもこれは学べることなので
自分で勝手に取り組んでいく。

planed happenstance theoryを信じて
力を蓄えておく。










言われてやるのが嫌なのは、誰でも知ってる。

その嫌を解決したい。

自らやりたいと言い出せるように。

| | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンチはチャンス

不況です。

そんなのわかってます。

景気が悪いです。

そんなのわかってます。

不況です。

だからどうした。











これだけたくさんの人が同時に困っている。

困っているということは、そこに問題があるということ。

そこを解決すれば、ボロ儲けじゃね?






■金がない
直球な問題。
銀行すらも貸し渋り。

こんなときに貸し金立ち上げれば、金利30%でも人が押し寄せるんじゃないの?
警察も押し寄せて逮捕されるけど。


■職がない
リ○ナビNEXTとか今アクセス数すごい増えてるんだろなぁ。
会社のキャパが狭くなって、どうにも人があふれちゃったら、
たくましい人から起業して無理矢理受け皿を作り始めるのかな。

くるか、起業ブーム。

それを見込んだ企業のポータル的なものを作っておくとか。
・弁護士紹介します
・税理士紹介します
・○○のスキル持った人紹介します

パートナーを見つけられる場とか。
一人じゃ起業のハードルが高いから、それをサポートします的なのとか。
ビジネスプランを叩くサービスとか。
起業したい人同士が勝手に議論するUGC(User Generated Content)環境を作るとか。



■売れない
金があるときに欲しいものと金がないときに欲しいものは違う?
今元気がいいのって
・マック
・ユニクロ
・任天堂
・インサイト(これだけ商品名だけど)
とかとか。

「安い」は確実にキーワードだよね。当たり前だ。任天堂はちょっと違うか・・・
でも、「安い」だけじゃなくて「安い」+「何か」があるから元気がいいのでは。
ユニクロだったら「+品質」、インサイトだったら「+環境」。
+αが必要だよね。

だから+αに特化してみるとか。
現状売ってるもので安いんだけど売れてないものに、
付加価値をつけることができれば。

それとは逆に、「安いものを売る」のではなくて
「高いものを安くするサービスを売る」とか。





逆に企業側の困ってること・・・

□採用中止
バブルのとき痛い目見てるのにね。
年代に穴が空いちゃう。
新卒は採りたい。でも育てる余裕がない。

なんか似たフレーズがあるような・・・























子供は産みたい。でも育てる余裕がない。

これだ!(笑)





新入社員の託児所的なサービス?
1年間預かって育てます。みたいな。
なんかお金の流れをうまいこと悪どい感じで考えられればいけそう(笑)




研修を外部委託する企業は多いけど、
それって1つの企業に対して一つの研修。

複数の企業に対して一つの研修を行えれば、スケールメリットで儲かるんじゃね?
新入社員をわーっと集めてビジネスのイロハの講義。
研修が受けられる学校みたいなのはないよね。
なんとかなんないかなー。





どれもこれも旧態依然としたものの延長線上にあるアイデアだなぁ。
アメリカの「借金は美徳」は崩壊しちゃったわけで
ニーズってよりもシーズを探して画期的なもんを提案しないといけないのかな。


もっともっとはちゃめちゃに壊れちゃえばいいのに。
社会のシステムが崩壊しちゃえば
新しいものが産まれてくるはず。
そんな状況になった方がわくわくする。楽しいよね。


みんな壊れちゃえばいいのに。

| | 00:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲンブツ

「暑いんだけど」


そういわれたら、どうする?













A.冷房をつける

⇒「俺冷房嫌いなんだけど」












A.冷たいジュースを渡す

⇒「俺炭酸飲めないんだけど」





誰かにとっては正解。

誰かにとっては不正解。


問いに対する答えはたくさん思い浮かんでも

正解は毎回同じとは限らない。

問いの裏に潜む本当の問いを見つけなければならない。




暑いって言った人が

何を思ってそう発言したのか

探れ。

ヒアリングするもよし、観察するもよし

実際に触れてみないとわからない。

ゲンブツを見ろ。




HOWTO本のノウハウも

知識もスキルもシステムも

単なる選択肢に過ぎない。




何が求められているのか

それがわかってこそ解答できる

スキルを学ぶことにおぼれないように。

現実を見つめることを忘れないように。

何をするにもそれが大切。

| | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の行動指針

基本的価値観

・他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来だけだ。
・自ら機会を創造し、機会によって自らを変えよ。




基本的目的

・周囲の人が笑顔で過ごせるよう努力を惜しまない。

| | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。