cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダンディズム。

昨日、英会話のレッスンで、
ネイティブの先生に

舘ひろし



あぶない刑事

という固有名詞を教えました。
スポンサーサイト

| モブログ | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さんまん。

30000HIT!

毎度毎度ご来場ありがとうございます。

今後も生あたたかく見守ってください。

FC2blogRanking

| my blog | 01:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆるぎない。

いや、絶対に納豆はおやつとして成立する。

| モブログ | 02:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

!?

いやいやいやいや

ないないないない。


FC2blogRanking

| ネタな日々 | 21:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ついてない。

激しく体当たりされた。

痛い。

うん。

ついてない。














像がドリフトする。

3時間がんばっても改善されなかった。

原因不明。

実験進まない。

うん。

ついてない。











T技官とけんかした。

日本語が通じない。

うん。

ついてない。


















食堂にて。

席に着いたら、

隣に座ってる人がワキガだった。

うん。

君に罪はない。

でも、ごはんはおいしくない。

うん。

ついてない。

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おもしろいなんていらない。

昨日の続き。たけのこ。







笑いは、

裏切りと繰り返し

によって起きる。





お手本。

アンパイアが歌舞伎役者である、という裏切り。裏切りは、「変」という一言で置き換えてよい。
だれでも想像できて、できるだけ共感を呼んだところに現れる裏切り。

そしてボールが飛んでくる度に限りなくクドくジャッジ。

繰り返し。

見てる側も、期待する。

そして、繰り返すたびに、エッセンスが加わる。

3球目では、面を取り、顔をだす。

ただ繰り返すだけでは、飽きるのだ。

引っ張って引っ張って最後に、突っ込まれて落とす。

THE 王道。



ダチョウ倶楽部も、まさに王道。

「やー!」

に意味はない。意味はないということが裏切りなのだ。

そして、繰り返す。

毎回最初に「やー!」

繰り返すことで、客が期待するようになる。

そうして持ちネタへと発展する。

あつあつおでんも俺やる俺やるどうぞどうぞもお決まりのパターンだ。

繰り返しによる笑い。





だから、最近のあるあるネタブームには首をかしげる。

だから?

みたいな。



エンタの神様は嫌いです。




















それを踏まえて。


































昨日ディズニーランドにいった。

面白かった。









この、小学生的文章を読んで、笑えるだろうか。

笑えない。

面白いのは実際に体験した本人だけである。

そこには裏切りも繰り返しもない。
























昨日ディズニーランドに行った。

大きなたけのこがいっぱいとれた。













これを読めば、

まて、ディズニーランドでたけのこ掘りはできないぞ

と心優しい人は突っ込んでくれるだろう。

これが裏切りである。
























































昨日ディズニーシーに行った。

さすがにシーなだけあって、たけのこがいっぱいとれた。





言わなくてもわかると思うけど、これが繰り返し。

好きなだけ突っ込んでください。

ムキになって突っ込んでくれたほうが嬉しいです。







いや、別にこんな例文書くつもりだったんじゃなくて。

最初の

ディズニーランドに行った。

面白かった。


これこれ。

面白かった

という言葉。

これを書いた時点で本人以外全く面白くなくなってしまう魔法の言葉。

おっきなたけのこもとれなくなる。

そんな負の魔法の言葉をのさばらせて良いものか!





というわけで、

今後「おもしろい」という言葉をブログに書く事を禁止したいと思う。

読んだ人が想像できなくては笑いはとれない。

自分への課題。


FC2blogRanking

| my blog | 01:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おもしろくない。

面白いから、笑う。



















面白いって、なんだろね。

笑うって、なんだろね。

























笑う・咲う(←これでわらうって読むのか!)
1.口を大きく開けて喜びの声をたてる。おかしがって声をたてる。

2.ばかにしてわらう。嘲笑する。

3.つぼみが開くこと、果実が熟して皮が裂けること、また縫い目がほころびることなどにいう。

4.力が入らず、機能しなくなる。   by広辞苑




















自分のブログが面白くない。

ただ、長いだけ。

どうしたら、ブログを読んでくれた人に笑ってもらえるのか。









小学校でドリフのビデオを見せられ、なぜこのコントが面白いのか考えさせられた。

小学生にして、「天丼」という言葉を学んだ。学校で。

国語の時間にそんなことをしていた。

今考えると、かなり変な先生だったと思う。

好きだったけどね。小学生の記憶なんてかなり薄れてるけど、それははっきり覚えてる。

剣道の道場のコントだったね。



いやまぁそれはおいといて、その頃から笑いに関する考察をすることを覚えたわけで。












ブログは、文字を使った媒体で、写真を載せることができる。

でも基本的に一人語りだ。漫談。

オチをつけるとかそういう基本的な部分は当たり前として、人気のあるブログにはいくつか種類がある。



1.面白い要素を外部に依存するタイプ
youtube動画集とか2chのまとめサイトみたいなのとかね。白石さんなんてそれをうまくやってるものの代表例だと思う。

これは参入障壁が比較的低い。

ネタの選定と気の利いたコメント、これが生き残りのポイント。



2.ツッコミタイプ
時事ネタでも周りのことでも、とにかく突っ込む。
ネタが面白くなくても、暴走すれば料理可能なところが1よりもレベルが高い。



3.特殊技能を持つタイプ
絵を描いて載せるとか、写真を撮って載せるとか。
ターゲットが明確。

ボケを絵に頼る鉄拳的ブログは僕には真似できない。



4.自虐ネタタイプ
謙譲語的。自分の位置を下げて笑ってもらう。
他人の不幸は蜜の味。
赤裸々に失敗談とか自分の変なところをさらけ出したりするとよい。
異常にハイテンションか鬱な感じになるかの2タイプがある。



5.スペックに依存するタイプ
有名人のブログとか。女の子で顔出ししてるともうそれだけでアクセス数アップ。
まぁ、それは面白いとはいえないけど。




これのどこにも当てはまらないと大概オチのない日常を書き連ねるだけのイタイブログとなってしまう。

これは避けたい。



自分ができるのは、2と4。1はそれに特化しなきゃ意味ないし、それはやりたくない。
面白く書けた!と自信を持てるときは、2か4の要素を満たしている。
失敗したって思う時は単にあったことを書き連ねるだけ。イタイ。
年越し旅行記なんかはそれが如実に出た。
あ、最終日書いてない。今更だけど今度書くか・・・。




参考は、やっぱり侍魂
インターネットって面白い、って感じさせてくれた伝説的テキストサイト。
カウンターもカンストして2周目。1億ヒットってのはすごすぎる。


最近ではここがお気に入り。




流れるような文体。

そう、向上すべきはそこに集約される。

VIP的なテンションでいけばたいして中身のないものでも面白くなる。

イキオイに負けて笑ってしまう。

しかしそれでは緻密な構成により作り出された笑いは生まれない。

淡々と語りつつメリハリをつけて落とす。



・描写がない、下手
・説明が多すぎる

この2点が目下克服すべきところ。
説明が多いのはもうA型の性だと思って諦めます。

描写に関しては、お手本にしたいのは石田依良。
あの軽いタッチの文章を真似たい。

そんなことを考えながらウエストゲートパークを最近読み返している。














土日も出勤しなきゃいけないって萎えるよね。

どうでもいいことも考えたくもなるさ。

そんな金曜日の研究室の夜。深夜1時。



FC2blogRanking

| my blog | 01:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

就活終了!

昨日東京で社長面接受けてきました。

面接の途中で「よし、合格!」

といわれました。

やりました。内定でました。

これにて、就活終了です。



長かった、なんて言ったらもっと頑張ってる人に怒られるけど、よーやく終わりました。

悩み、鬱になり、自分の限界を知り、更に鬱になり、それでもやるしかないと奮い立ち。

振り返って、成長はしたなと感じます。

やっぱりインターンはでかかったなぁ。





勤務地はここです。

工場もあったりするのだけど、コンサル希望なのでたぶんここ。

うひょ~い。

あとは、学会の概要を出してしまえば自由の身に!




具体的に社名知りたい人は直接聞いてください。さすがにここに書くのはちょっとね。うん。








最後に、就活中お世話になった皆様に、こころより感謝の意を述べたいと思います。

本当にありがとうございました。

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 00:34 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉。

それは、4月の昼下がり、X線室での会話から始まった。


























「大食い対決しねぇ?」

「やるやる!」






















ここに、我がK研と某O研の新たな伝統の1ページ目を刻まれる、ことになるのだろうか。


















種目に関しては、議論が重ねられた。

回転寿司、焼肉食べ放題、ケーキ食べ放題、ステーキ食べ放題など、様々な提案があったものの、


・経済性
・味
・公平性(カウントのしやすさ)
・食べやすさ

を考慮し、定額制のしゃぶしゃぶ食べ放題(一人1950円)が採用された。














決戦当日、我々は昼間実験の合間を縫ってバッティングセンターへ行き、お腹を空かせた。
カンカンに晴れた青空のもとで白球を打ち、汗を流した。

昨年度、「食わせる研究室」を標榜していたK研、年度が変わってもそのイキオイは変わらないはずだ。
きっと、勝てる。


そう思いつつ地下室で実験をしていた。













そして、20時。現地に赴く。
店内は正方形で、周囲に個室があり、真ん中にいくつかテーブルがあり、その間に通路がある。和風の庭園のような趣である。
我々はその中心を陣取った。さながらリングのようだ。

K研は11人。O研は8人。
これは研究室対抗の団体戦であり、勝敗は単位人数あたりの消費量である。

ちなみに、負けた研究室が勝ったほうの料金も負担する。
つまり、勝てばゴチになれるのだ。
負けられない。戦いに妥協は許されない。











黒光りした重箱に赤く輝くものが見える。

肉だ。

おねえさんが肉を運んできた。

全てのテーブル(K研3、O研2)に鍋と食料一式が運ばれた。


牛肉






火蓋は切って落とされた。





本来、制限時間は90分なのだが、交渉によりラストオーダーまで食べられることになった。
食べ始めたのは20時半、ラストオーダーは22時半、閉店は23時。

2時間半の長丁場。

誰がこんなタフな試合になることを予想しただろうか。

正直、もうちょっと短くてよかった。




肉は牛と豚が選べる。
野菜や米は食ってもいいがカウントには含まない。
純粋に肉の勝負だ。

食えばいいんだ、肉を。











ぐつぐつ煮えたぎるかつおだしのプールへ赤い牛さんを泳がせる。
みるみる色が薄くなり、食べておくれと訴える。
熱いのかい、そうかいそうかいとごまだれへつけて口へ運ぶ。






う ま ー い ヽ(´ー`)ノ













まぁ、そんな喜びはきっと最初のうちだけ。

エビ祭りの時もそうだった。

僕らの満腹中枢は正常であり、戦いに勝つためには、根性しかない。




















わんこそばのように、おかわりがひっきりなしにくるのならよい。

しかし、店側としてはこんなバカみたいに肉しかくわない団体がくるなんて予想してない。

席から見えるおにいさんは、ひたすら豚を皿へ盛り付ける反復作業を繰り返していた。

機械のように、ただ黙々と。



よって、我々の闘いは序盤は厨房律速となった。





ここで、リングの配置を説明すると、

正方形のリングに入り口は一つしかない。
一つの辺の中央が空いている。その道にはまるように、凹型にテーブルは配置されている。
入り口に近い2つのテーブルにK研が2班、奥の3つのテーブルにK研1班O研2班という配置で、僕の座っている場所は入り口付近である。


どうみても注文が追いついていない。
店員が持ってきた肉が、どこのテーブルで注文したものなのか見分けがつかない。

なので、できるだけ奥に行く前にインターセプトすることで、うちの研究室が有利になる。

ちなみに、K研内でもテーブル対抗で勝負していたので、どっちにしろ自分たちが大量に食べるに越したことはない。















最初に、牛と野菜が支給された。

しかし、野菜はカウントされない。

なかなか肉がこないので、野菜を食べるテーブル続出。

しかし、我がテーブル:チーム名M(MeatのM)は作戦を練った。













ここで野菜を食べたら負けだ。

後で嘆くのはあいつらだ。

ストイックに。

肉だけを。

お冷さえも、敵視する。

水は、スパイ。

味方のようなフリをして喉を潤していくけれど、胃の中で反乱を起こすのだ。

肉を喰え。肉を。

チーム、M(Meat)。




ちなみに、牛よりも豚の方が軽い。

まぁ何でもいいからとりあえず店員が肉を運んできたら、手を挙げる。

肉をくれ、肉を。












今回、一人の4年生のキャラが決まった。

その名は、MJ(Meat Junky)。

ウガンダ・トラ氏の名言、「カレーは飲み物」を当然と言い放った。

そんな彼に、我々は全幅の信頼を寄せる。

MJは、常に肉をストックする。

ごまだれとポン酢と口の中。

誰にも渡さないぞ、といわんばかりに。






苦しい時。それは自分の限界が見えた時。

己の限界を知ることで、その壁を越えることができる。

もう喰えない、と言っていたMJはふと気づいた。

口の中に肉を入れておくと、いつのまにかなくなってます

これ、便利です














あれです、肉はキャラメルです












さすがMJ。名言。肉はキャラメル。

知らないうちに、肉を食べている。

全自動だ。Automatic.

口に入れるだけで、肉が消費される全自動肉喰い機。


それでこそ、MJ。





GJ(グッジョブ)。
































エビ祭りのとき、目標は、「かっ○寿司のエビを枯渇させる、そう、食べ尽くす!」だったのだが、完全に敗北した。

やつらは強敵だった。

まだまだ甘かった。

メジャーに挑戦なんてできなかった。

マイナーリーグに落とされて、調整をよぎなくされた。タンパ行きだ。



だから、今回の目標も、枯渇。

牛か豚、どっちかだけでも。

そんな思いを胸に吉成へと向かった。




















途中から、明らかに今解凍しました的な肉が出てくるようになった。















そのうちに、ほとんど凍ったまま出てくるようになった。



















そして。



















すいません、豚あと2皿しか出せません。


















やった!





ねんがんの
ぶたにくを
こかつさせたぞ





勝った!(笑)










というわけで、終盤になって豚よりも重い牛を食い続けることになったわけで。

それはそれは大きなカウンターパンチ。

まぁ、よしとしよう。































肉とごまだれのベストマッチングの感動はものの1時間で消え去り、あとはひたすら食う作業となる。

コンスタントに肉を喰い続け、ラストオーダーの時間。

この時点で、K研が圧倒的にリードしていた。

おそらく、テーブルに載っている肉を全部食べきれば、勝てる。

そう高を括っていた。



しかし、O研はここで勝負に出た。

こっちとこっちに、5皿ずつ。
















うっそΣ(゚Д゚)






しかし、すでにメンバーはグロッキー。

喰えるわけがない。

我々はそう判断した。

だから、やつらが食いきれば負け、残せばペナルティも含めてこっちの勝ち、という構図が出来上がった。

タイムリミットは30分。

地味にうちのテーブルにも2皿牛が。

食べるつもりのなかった野菜も、出されたものを残すのは申し訳ないので食べることにした。







































地味にきのこが辛い。












































特にえのき。














































強そうに見えた豆腐は意外と優しい心の持ち主だった。




































やはり、強敵はえのき。えのき茸。




















えのきと地味に格闘している間に、奥のほうで1枚、また1枚と牛の皿が空になっていく。




ただ単に全部鍋に入れているだけだが(笑)





喰えるわけがなかろう。





そう思った。





しかし、その慢心が命取りだった。










やつらは食いきった。









そこに、ドラマがあった。









我々は、逆転負けした。









だれがいけないとか、そんなんじゃない。









ラストオーダーで、敵が気合を見せたときに、張り合わなかった我々がいけないのだ。

あそこですでに、勝負はついていたのかもしれない。





小さくまとまりすぎていた。

高を括っていた。

天狗になっていた。

驕れる者は久しからず、盛者必衰の理をあらはす。



















3500円を払った代償として、

勝負の世界で、最後の最後まで気を抜いてはいけない

という教訓と、

翌日に確実に尾を引く胃もたれ

を手に入れた。




















ちなみに。

しゃぶしゃぶレシート


↑レシート。クリックすると画像拡大。
ところどころ、疑問の残る注文があるのは気にしないで(笑)

店員さんに、「今まで見た中で一番長いレシートですよ」と言われた(笑)

でも、絶対レシートに載ってる以上に喰ってる。

それだけは確かだ。








次は、勝つ!次があるのか知らんけど。

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 02:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

決戦は木曜日。

二次面接通過連絡きた!!!!!

最終面接は10日の木曜日!!!!!



内定もぎとってきますっ!!!!!

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 15:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコエコ☆アラバキ2日目。

るぽぽから会場へ移動して、まずは朝ごはん。

サンドイッチとおにぎりが支給されましたが、移動中ずっと思っていたこと。






















肉が食いたい。


もしくは豚汁みたいな汁物。

昨年の経験からも、朝ごはんはおにぎりなのはわかってたけど。

前日も毎食弁当だったし、なんかもうぱさぱさした冷たいものはイヤなの(`・ω・´)

どんなカテゴリでもいいからジューシーなものが食べたいのっ(笑)



意外とレタスのぎっしり詰まったサンドイッチがジューシーだったのですが

我慢できずにローソンでからあげ君購入。

東京組に食ってもらおうと全員分の玉コンも購入。

はるばる来てくれてるし、東北を堪能してもらわないと♪



で、初日は遅番だったので、二日目のシフトは早番。

9時からナビ。

しかし、ステージは10時から。

ひ ま ヽ(´ー`)ノ

幸い、キャンプサイト付近のゴミ箱だったので、起きてゴミを捨てに来る人たちがまばらに。




・大量のビールの空き缶を捨てに来る人。
缶は持ち込み禁止ですよ!!!


・全然分別せずに大量に持ってきて必死に分別する人。
昨日学習してよ!!!


・ホタテとかカキの貝殻を捨てに来る人。
BBQですか。羨ましい。


・・・・なんか、玉ねぎみたいな形をしたものを捨てにくる人。
なに、それ。











































あ、ココナッツ。

持参だそうです。

なぜ、4月の末に、ロックフェスのキャンプで、ココナッツ?

チョイスおかしくね?(笑)







いろんな人がきます(笑)

忙しくもないし、お客さんも急いでないので、会話できるチャンスもけっこうあって。

これはこれで楽しいんだよねー。



でもって、けっこう落ちてるゴミを拾ってきてくれる人が多いの。

去年までは、落ちてるゴミを集めてくるとタオルと交換できるキャンペーンをやってたんだけど、アラバキはキレイすぎてゴミが落ちてないから今年はそのキャンペーンはやめた。

だから、ゴミを拾ってくれるのは純粋に善意からくるもの。

ありがとうございます。

お客さんがそういう気持ちを持っていてくれるからこそ、アラバキはクリーンなフェスなのです。

そういうのは、ゴミ箱の中に入っててすごくうれしくなる(´▽`*)










そんなこんなでまったりしてるうちに、人が集まり始めて、開演。

ザ50回転ズがトップバッター。

やべぇよ朝から激しい。

曲ノリノリ。

前行ってモッシュしたい。

とりあえずゴミ箱の中で暴れる。












































ムチウチなんですけど_| ̄|○




il||li_| ̄|○il||li

振ると首が痛い。

昨日エルレで振りすぎた・・・(笑)



痛みを堪えつつ踊る。
50回転ズいいよ。ロケンロー。



その後怒髪天

もうさ、バンドの名前からして暴れてくれそうじゃないの(笑)

そして期待は裏切られなかった。




だからー、振ると首痛いんだってば(涙)

でもそんなの気にしてられないよね。

ムチウチなんてプライスレスだよね。


痛みをこらえて踊っているうちに(ちゃんと仕事もしてるからね!!!)、交代。本部に帰る。

で、飯食って、休憩。

ゴミ箱ブースにペットボトルを忘れてきたので、それを取りにいったらみんなに置いていかれた(\'A`)

なので一人でうろうろ。

みちのくステージではBEAT CRUSADERS

あのお面つけてる人たちですね。

まぁ、ファンの方には申し訳ないんですが、僕ビークルあんま好きじゃないです。

だって・・・英語がどうしようもなくヘタクソなんだもの。日本語で歌えー!!って思う。

だから、正直、へ?みちのくでやれるくらいでっかいバンドだっけ?

と思ってしまったが、行ってみたらファンがめっちゃいたしすげー盛り上がってた。

好きじゃない、ってのは僕個人の感想なんで。

ファンの皆さんごめんなさい。

で、生で聴けば印象変わるかも?と思って聴いてみた。









ごめん、むり_| ̄|○

1曲聞き終わる前に退散・・・

で、8ottoのステージへ移動。

ドラムの人が歌ってる(アフロ)。

んー、あんまりぐっとはこなかったなぁ。

また英語かよ、と思っちゃって。

詩が英語だったのか日本語だったのかうまく聞き取れなかった(笑)

で、2曲聴いててるる...のステージへ移動。

今度は日本語でした(ほっ)。

なんつーか、必死。

とにかく必死に歌ってる。

疾走、って感じ。

チャリンコを全力で漕いでる感じ。すげー偏見だけど(笑)

藍坊主をちょっと思い出した。あんな哀を含んだ雰囲気はないけどね。

うん、ビークルよりこっちの方が好きだ。



で、いったん戻ってみんなでアジカンを聞きにいく。

昔は好きだったんだけど、ソルファで止まった。

それ以降聞いてない。

存在証明って言葉使いすぎだよ。

サイレンで出てきてリライトでも出てきてそれで嫌になった。

もうちょっとボキャブラリーが豊富だったらね・・・

あーこんなこと書いたらファンに殺されるね。ごめんなさい。

今はどうなのかわかんないし。

こんなこと言いつつ好きだし(笑)

3曲目で知ってる曲がでてきてそれは嬉しかった。

そこでタイムアップだったので本部へ戻る。

帰る途中、クラクションラブが聞こえてくる。



あぁ、風味堂・・・

僕はアジカンより風味堂のステージに行きたかったよ。

でも、これから仕事なんだ。・゚・(ノд`)・゚・。

2曲目はstay with meだね。

お父さんそっち行きたいYO。














しかーし仕事だ仕事。

今度は本部でキャンペーン。

エコショッピングクイズ。

選択肢の中から、一番エコな商品はどれでしょう、っていうクイズ。

例えば、新幹線と飛行機とバス、どれが一番CO2の排出量が少ないでしょう、みたいな。(正解は新幹線)

で、そのクイズに答えると、もれなくタオルか風呂敷かバッグがもらえます。



仕事は、そのブースにお客さんを呼び込む。

つまりキャッチ。

楽しいので人をいっぱい並べてみる。

ノベルティというえさがあるから、客引きも簡単。

サークルのビラ配りとはえらい違いようだよ。



ブースの近くではPOLYSICSが演奏しちょる。

見たい。



お客さんがいっぱい並ぶ→列伸びる→ポリシックス見える




グッドアイデア!!

客引き異常にがんばる(笑)


おかげでオレンジのつなぎは見えたものの、遠いので動きがよくわからない。

僕は動き(と動いてなさ)が見たいの!

作戦失敗(笑)

まぁ聞こえてくるからいいよね。

GIP!GIP!GIP!GIP!

ってめちゃくちゃ連呼してた(笑)さすがハイテンション♪








そして、大盛況により15時くらいでノベルティがなくなる。

ここから、ノベルティなしでのキャンペーンに衣替え。

実際、今までノベルティなしではやったことがないらしい。

そりゃ、これだけ人が来てくれてるのはノベルティの効果だよ。

並んでる人に、何でここ来ましたかって聞いて、環境に興味があるって答えてくれた人は多かった。

でも、本音はそうじゃないよね?

アンケート結果をそのまま市場の声と認識してはいけないってのは技術経営の講義で習ったよ。

その通りだと思う。

アンケートとってるのがスタッフである僕なので尚更。

ノベルティがなくなった時点で、フェスに来てるお客さんとエコショッピングキャンペーンの間のキャリアパスはなくなっちゃったんだよ。





正直、そう思ってしまった。

アラバキのお客さんは他のフェスのお客さんとは違う、期待してるんだってコアスタッフは言ってたけど。


東北の人間は保守的だ。


ちょっと飛躍はあるけれど、アラバキがクリーンなフェスなのはその気質が影響してると思う。

それは、保守的な気質がよい方向に影響してる表れだ。

けど、保守的な人は異物質を排除する傾向が強い。

今度は保守的な気質が悪い方向に影響してしまう。



そんなことを考えつつ客引きしてた。

タオルがもらえないということを知った瞬間に豹変する顔。

もらえないなら用はない、というオーラ。



そう、この世知辛い感じ。

でも、めげてらんないよね。

応援部隊も加わって、とりあえずテンション高めで呼び込む。

すると、意外と入ってくれる。

もうタオルもらえないのに。






他のスタッフが呼び込んで、お客さんがブースに入っていくのを見て、すごく恥ずかしかった。あんなこと考えてた自分が。

やってみなきゃわからないじゃない。みんなごめん。

理想状態はあくまで理想状態であって、現実は一つの論理だけでは構成されない。
様々な論理が絡み合っているのだ。

いつもそう。

一つのことに固執しすぎる。

もっと柔軟な思考で。

気付きだねー。





THE BACK HORN
が後ろで演奏を始めた頃、エコエコブースも軌道に乗り始め、休憩。

うまくいってよかった。うん。



で、浅井健一を一人で見に行く。

あんまみんな興味なかったので。

HAWAIIAN6とどっち行くか迷ったけど、ハワイアンもビークルと同じ理由で・・・ね。






でもねー。

浅井健一行って良かった。

やっべぇ。

かっこよすぎ。

ブランキーをしっかり聞いたことがなくって、そんないい印象はなかった。

というか歌い方あんま好きじゃないなって思ってた。

しかーし!

本人+ドラムとベースの3人だけで、音の深いこと厚いこと。

ブランキーを伝説化する人が多い理由がわかった。うん。

こういうものを聴いてしまうと、なおさr(* >ω<)=3ゲフンゴフン



はい何も言ってませんよー(笑)

いったん本部に戻る。10-FEETのriverが聞こえる。めっちゃ盛り上がってる!
ちょっとうずうずしたけど、ザ・クロマニヨンズに移動。

ヒロトはもちろん裸でした。

前の方に行きたかったけど、途中で抜けなきゃいけないので後ろの方で鑑賞。



なんか、銀色のものをかぶってシコシコしてました。

これ以上説明のしようがない(笑)

で、本部に戻り、最後のゴミナビ。

飲食ブース付近のゴミ箱。











前日のみちのくステージのゴミ箱もきつかった。

最後ギリギリまでやったあらはばきステージのゴミ箱もきつかった。

けどね、今回はそれをはるかに上回る。

ゴミを捨てるために渋滞が起きる。

「おちついてくださーい!」

なんでこんなこと叫ばにゃならんのだ(笑)

殺気立つゴミ箱周辺。

必死。マジ必死。

だいぶ寒いのに、汗かいてる。

手際のよさは7レベルくらい一気に上がったよ。

上位職に転職できるレベルだよきっと。賢者とか。パラディンとか。



応援部隊も到着し、つかの間の休息。

そこで、奇跡が起きた。

もうね、恐れ多くて書けない。

おかげでテンションMAX!

帰ってゆくお客さんに向かって「ぶーんべつ!ぶーんべつ!」

分別コール(笑)

そしてみんなで大合唱(笑)



テンション上がって手際もよくなる。

みんなの尋常じゃない仕事っぷりに、なぜかギャラリーができる。

賢者になるとギャラリーもつくのですね







闘い抜いて、全日程終了。

帰りの会やって、バスで仙台かえって、みんなでコンビニの前で乾杯。

おつかれっしたぁ~!!





こうやって、ボランティアでフェスに貢献することで、少しでもフェスがきれいになって、快適で楽しい環境が作り出せること。

自分も楽しめて、それが実現できるなんてステキじゃない?

自分も楽しむには、onとoffの使い分けをしっかりしなきゃいけないのは当たり前だけどね。



矛盾は確かにいっぱいあるけれど、それを凌駕するくらい楽しかったし会場もきれいだったからいいじゃないかっ!

余は満足じゃ!(笑)

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 00:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経県値。

マイミクのたーるのところからこんなものを勝手に拾ってきました。

経県値マップ。←クリックしてね。

見ての通り、行ったことある県のランク付けをするものです。

四国はまだ未踏の地・・・行ったことないところ多いなぁ。


っていうか仙台に住んでるのに青森と秋田行ったことないってどういうことだ自分!





今年はねぶた、行くか。原チャで。

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 02:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天気が良い日は研究室♪






















あー牛乳一気飲みしてぇ。

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

失敗。

いつもと違うキムチを買ったら、おいしくない。



ひどくおいしくない_| ̄|○


FC2blogRanking

| ネタな日々 | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコエコ☆アラバキ1日目。

今年もアラバキにボランティアスタッフとして参加しました。

ちなみに、前日研究室の花見で、調子のって「明日の予習だー!」とかいってカラオケに行ってしまったがために、睡眠時間は2時間。





しかーし!

去年の記事を見てみると、去年もアラバキ前日に飲んでたらしい。

睡眠時間は3時間。











学習してねぇ(笑)











そして、案の定遅刻(笑)

ごめんなさいごめんなさいごめんなs













シフトは遅番だったので、最初は休憩。

なので早速ライブを見に行く。

sleepy.ab
カラーボトル
DOES

と見る。

カラーボトルはけっこう気に入りました。

翌々日に悲しいコトも起こったし(笑)

ボーカルがね、すごく気持ちよさそうに歌うの。

嬉しそうに。

それ見てるだけでこっちも笑顔になる。

歌けっこううまいし。

要チェックや!(ヒコイチ)





去年は知ってるバンドばっか見たので、今回は見たことないバンドを出来る限りたくさんみようという作戦。



とりあえず3つ見て、お仕事。

入り口でごみぶくろキャンペーンバッグを来場者に配る仕事。

去年、運営側のものすごい手際の悪さのおかげで大渋滞だった入り口は、すっきりガラガラ。

改善されてたヽ(´ー`)ノ





しかし改善されてしまったおかげで配る人がまばら(´-ω-`)





まぁしょうがないねー。





仕事の時間がチャットモンチーと被ってしまったので、見れず。
自分は客としてきているわけではないので、仕方のないこと。
休憩中に見れたら儲けもの、なわけで。

しょうがない、しょうがないよ(´Д⊂

朝の会の時にリハで一瞬ハナノユメが聞こえたの。
もうそれだけでよしとしよう~

とか思ってたらね、仕事してる時に後ろから恋の煙が聞こえてきた!
うほっ

しかしすでにチャットモンチーは終わってる時間・・・



入り口奥にあるのは物販。

CDかよ畜生!











仕事が終わり、昼ごはん食べて、charaを見に行く。
ハスキーな声ってセクシーだよね。
でも、野外だと歌詞がぜんっぜん聞き取れない(笑)
あんまり集中できず、フジファブリックに移動。

charaよりフジファブの方が楽しみ♪


予想よりも客はノリノリ。
フジファブのライブってこんな感じなんだぁ。
曲の雰囲気は形容しがたい。
独特すぎて。
はまるよなぁ。

しかし歌は・・・
陽炎でちょっと声が裏返ってました。
僕は一人でがんばれ、がんばれ、って声援を送ってました(笑)

やっぱカラーボトル歌うめぇぞ。
外での演奏じゃモロにでるもんね。
収穫第一号だね。





で、次のお仕事。
ゴミ箱リサイクルステーションに入って分別ナビ。
大根(うちの地方ではじゃんけん団体戦をこう呼ぶ)により勝利して、陸奥ステージのゴミ箱へ。



まじ俺じゃんけん弱くてゴメン。
勝ってくれてありがとうヽ(´ー`)ノ




MONGOL800
The Birthday
ELLEGARDEN(開始直前まで)



をたった2人で。








ばかかー。


人多すぎるっちゅうねん。

スタッフ足りなすぎるっちゅうねん。

必死にペットボトルのラベルははがして!と叫ぶ。

チバユウスケはやっぱりかっこよかったよ。

でも堪能するほどのヒマはなかった(´-ω-`)

お仕事ですから仕方ないっす。




で、急いで戻って着替えてえるれ!

エルレの時間帯が休憩だったことが今回最大の儲けもん!

もうこれさえあれば他何もいらない!

ダッシュで行って奥に紛れ込んでモッシュモッシュ。

汗だく。

最後のMake A Wishで、でっかい円陣に加わる。

直径10mくらいの。

くるぞ、くるぞ、くるぞ、と待ち構えてもうあとはわけわかめヽ(´ー`)ノ

気づいたら随分前の方までいってた。

1万人でモッシュとかステキすぎる♪( ̄▽+ ̄*)





あまりの気持ちよさにしばらく放心状態。

帰ったら、弁当食う時間がない(笑)

今度は入り口近くのゴミ箱でナビ。

ナビしてるとき、バンアパの原さんが近くにいた!

けれどそっちへ行くわけにもいかず・・・生殺し('A`)



桜舞う月明かりの下、プラスチック容器も燃えるごみの袋にお願いしますっ!と叫び続ける。

客足途絶えず。

とりあえず、腹が減る。

捨てられたソーセージを眺める。

もったいないよね。

分別も大切だけど、その前にごみの発生自体を抑える事をしなきゃ、意味ないよなぁ・・・






撤収時間ぎりぎりまで続け、遅いと怒られる。
こっちは仕事頑張ってたってのに・・・。・゚・(ノд`)・゚・。



で、バスに乗ってるぽぽへ。

今回は長く歩かされることもなく、快適にるぽぽへ。

バスの中でようやく弁当を食べる。

こんなにおいしいしゃけは初めてだよ。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

無心で食べる。

とにかく食べる。

弁当がこんなにうまいなんて、うまいなんて!

お腹いっぱいになって温泉入って、飲む。

落花生がうまいっていうとなんでみんな笑うのだ。

千葉の名産だぞ!くそう!(#゚Д゚)



その後、やっぱり修学旅行。

しかし大人な修学旅行。

かなり重い話を聞きました。

勉強になりました。




夜、鼻水が止まらなくなる。

エルレで汗だくになって、夜寒かったから当たり前か。

しかし。

去年。

去年も鼻垂れてるよね。うん。




























やっぱ学習してねぇ(汗)

FC2blogRanking

| 好きなもの | 17:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月読んだ本。

単行本
・インクス流!/山田真次郎
・速読勉強術―限られた時間で差をつける!/宇都出雅巳


文庫本
・宮本武蔵(3)/吉川英治
・宮本武蔵(4)/吉川英治
・宮本武蔵(5)/吉川英治
・宮本武蔵(6)/吉川英治
・宮本武蔵(7)/吉川英治
・宮本武蔵(8)/吉川英治
・魔術はささやく/宮部みゆき


24/150




今思った。150冊って厳しいぞ(笑)
宮本武蔵は、言い回しが古いしじっくり読んだのでかなり時間がかかった。
そのあと読んだ宮部みゆきはほんとにあっという間だった。

やっべーな速度上げなきゃ。
でも次読もうとしてるのは坂の上の雲・・・(;´Д`)

FC2blogRanking

| 読書メモ | 19:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。