FC2ブログ

cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

【2日目昼】0泊3日弾丸四国旅行【渦にまかれてゴール】

【11:00】
高知を出発。一路徳島は鳴門へ。

運転は一人。助手席はベッド。

でもケンカはおきません。最初からこうなるのわかってたから。

正直もう運転中のこと記述することない。



【15:00】
鳴門ついた。渦潮が見えるタイミングもばっちり、らしい。

さすがにフェリーにのる余裕はないので、展望台へ。

海水浴場と、大塚美術館があり、どこも満車の看板。

トラウマが蘇る。



とりあえず、いけるところまで行ってみようという事で

小高い丘を登る。

満車だと引き返さなきゃいけないのだろうか、とか思いつつ

展望台傍の駐車場に突っ込んでみたら

ちょうど1台でてきた。ばっちり。



で、のぼる。

R0011886_R.jpg
なんか、世界一長いエスカレーターらしい。

確かに長い。

しかしその存在価値と維持費は見合ってないのではないだろうか。

たとえ世界一長くてもエレベーターよりはコストが低いのか?

ランドマークってのは戦略的に設計しないと効果ないな、と思う今日この頃。


R0011888_R.jpg
そして展望台に上る途中にあるなぞのレストラン。





「樹海」





あの、サービス業のスタンスとして

迷い込ませるってのはどうなんでしょうか。










R0011901_R.jpg

そして異常に古いプリクラ。

なんなんだろうここは。。。








数々のアトラクションを経て展望台到着。

R0011890_R.jpg

天気がよくなかったのが残念だが、よい見晴らし。

さて渦潮はどれだ。








R0011896_R.jpg

これ、らしい。

白くなってるやつ。








もっとすごいハリケーンみたいなのを想像していたけど、さすがにそんなのは出ない様子。

拍子抜け・・・



ただ、白くなってるのは別に底が浅いからではないらしい。

白くなってるところを何事もなくフェリーが通る。

それはそれですごい。潮がぶつかってるところなのかな?



期待しすぎてた。ちょっとガッカリ。
でも見れたことには変わりない。よしよし。




で、お土産を買い、淡路島を通過し、明石海峡大橋を渡る。

R0011910_R.jpg
この橋は学生時代に建造した会社にインターンで行った事があるので少し身近。

なんでこんなもん造れるんだろう。

なんで造ろうと思ったんだろう。

人間てすごい。



その後阪神高速でアグレッシブな関西の走りに慄きながら帰る。

R0011913_R.jpg
結局走行距離は48時間でこんなもん。1100km超え。

なかなか走った。


総費用は一人およそ30000円。

安すぎる。

宿泊費0&飲んでない、のがその要因。

人が多かったらレンタカー代と高速代が割り勘になるから更に安くなります。

この安さで四国の名所周りまくれるわけで、体力は犠牲になるけどお得です。

連れてって欲しい方はご一報を。
スポンサーサイト



| 2010四国旅行 | 14:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【2日目朝】0泊3日弾丸四国旅行【踊るカツオ御殿】

【6:00】
起床。けっこう寝た。
エンジンを止め、少しだけ窓を開けて寝ていた。

ここは山。
いい感じに湿度MAX。
涼しいのがせめてもの救いだけど、ねっとりと粘度のある空気がまとわりつく。

そもそも前日の阿波踊りのせいでべたべただからそこまで変わらないのだけど。













要するに、満場一致でまずは風呂、である。











温泉がいい。
前日に続き朝風呂。

でもあまり遠くへ行ってしまうと帰ってこれない。

高知市内、いけて桂浜、というスケジュール。

高知市内で無理矢理探すしかない。






まっぷるにはそんなマイナーな温泉なんて載ってない。

頑張れカーナビ。








【9:00】
なんだかんだで温泉発見。
しかも9:00開場。奇跡。

まぁ道後温泉の方がしっとりする感じはする。やっぱり格上らしい。
今は、汗が流せればよし。












さっぱりしたところで朝ごはん。

高知といえば、カツオでしょう。

駅の近くのひろめ市場に向かう。

たぶんここら辺、という立体駐車場にin。

階段を降りて扉を開けると、そこはひろめ市場だった。ばっちりすぎる。

R0011856.jpg
いちば~



R0011855_R.jpg
おっちゃんがカツオ焼いてる。


R0011854_R.jpg
こっちみんn(ry





そこでカツオを堪能。

R0011859_R_20100920123657.jpg
塩ガツオ、といってカツオのタタキをポン酢じゃなくて塩で。

ゆず絞り汁もついてて、それにつけて。

臭みもないしトロトロだし、文句なくうまい。

ポン酢よりも塩の方がおいしいかも。









お腹も満たし、次のコース。

焦点は、桂浜に行くか否か。

予定では、この後渦潮をみて明石海峡大橋を通って帰るつもり。

渦潮の時間帯を見ると、15時くらいが丁度いいらしい。

桂浜に行くと、多分間に合わない。

というか車を返す時間にも間に合わない。

そしてこの暑さである。浜で溶ける。



桂浜には行かないことになりました。

この時期に龍馬関連の場所に全く行かないという、なんとも世間と乖離した旅行。

だがそれもいい。



でもカツオだけでは香川と変わらないので、近くの高知城に行くことに。




R0011872_R.jpg
酔鯨公、山内さんちですね。
コンパクトでなかなかよい。

でもやっぱ石垣は熊本城だね。加藤清正まじイケメン。



それにしてもこの暑さである。

温泉入ったのに。。。




少しでも涼をとろうと、アイスクリンを食べる。

R0011882_R.jpg

なんとも懐かしい素朴な味がする。

別に当時のことを知らないのに懐かしいとはこれいかに。








で、スーパーでゆずサイダーなる飲み物を購入し、高知終了。

徳島の鳴門へ移動。龍馬関連の地も巡りたかったけれど、それは次回。

一箇所での滞在時間はどこも2時間以下である。残りは移動。

それでいいのだ。

| 2010四国旅行 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月