cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あれから一年。

ちょうど一年前、僕は成田空港にいました。

2005年の3月5日、New Zealandにいくために。

あれから一年あっという間に過ぎちゃいました。

数々の素晴らしい体験。素晴らしい友達。

地球の南側で出会った人と今でも交流があるって、すごいことじゃない?

色々書くネタはあるくせに、アメくれたおっさんの話しか書いてません。

だから。

今日こそは。

NZの事を書く!




予定でした。やっぱ一周年は何か書くべきだ、と思ってたんですが、違う事をもっと書きたくなりました(笑)






目が覚めると既に午後で、暖かな日差しがカーテンの隙間から進入してくる。
適当に身支度を済ませ、朝ごはんなのか昼ごはんなのか、とにかく起きてから最初に食べるごはんをどうするか悩む。

冷蔵庫には、水と牛乳と梅酒しか入ってない。

床に散らばったチラシに踊る天丼の文字。
ほか弁。最近は自炊ができる状況じゃないので、かなりお世話になってる。

よし。

外に出ると、今年の冬はいつになく寒いけど、それでももうやっぱり3月なんだな、って感じさせてくれる空気が立ち込めてた。
そろそろ春物のトレンチコートを着てもいい時期だなぁ。

ほか弁に行って天丼を注文する。通い慣れたほか弁。
自動ドアのところに鈴が付いてた。巨大な鈴。鈴にあるまじき低い音。
よく、地元の盆踊りで法外な値段で売られているやつだ。
ドアが開くたびになる鈴。呼び鈴。
近所のほか弁の小さな変化に釘付けになっていたら、思いの外早く天丼が出てきた。



外れた。



お弁当屋さんはスピードが命、という意見を僕は支持しない。
高校時代に時々食べた、サクサクのイカ天が乗ってるお弁当。
今僕の手にあるのは、きっとよぼよぼの天ぷらの乗ったお弁当。
あの頃の思い出にリンクできるお弁当じゃないことは、自動ドアが巨大な鈴を鳴らした時点でもう分かっていた。

期待はずれだった天丼を手に家に帰る。
歩きながら、昨日の鍋大会を思い出す。
なんだか、先輩をいじめてしまったなぁ。
ちょっと反省。


でも、内心では言い足りなかったと思っている。
だから、頭の中で現場を再現する。
どんな言い回しが適当か、どんな流れで言った方がインパクトがあって効果的か。
いつもそう。家に帰ってシャワーを浴びてる時とかすごくいい言葉が浮かぶのに、現場ではうまいこと言えない。
どうやったらアドリブに強くなれるんだろう。
経験。年季。そんな言葉を出したら生き急ぐだけなのに。ないものねだりだ。




よぼよぼの天丼の感想なんていいたくない。
これから密室に篭らないといけないのに。
昨日もFIB。今日もFIB。

ナノビーム加工室には見慣れた装置が2つと、精気をなくした人間がいたりいなかったり。
あんな部屋に長時間いれば、誰だって死んだ魚みたいな目になる。
春の気配なんて一切入室お断り。

でも、一つだけいいことがある。
待ち時間が多いから、実験中に本が読めること。
それがあるからかろうじてやっていける。
とかいいつつ、それがあるから結構好きだったりする、FIB。


ナノビーム加工室にいる僕はまさに死んだ魚状態であって、腐りだしちゃうといけないから時々外の空気を吸いに生協に行く。

そこで、叩き売りされている手帳と目が合った。
妙にでかくて、縦長で、真っ赤なやつ。
一応手帳は持ってる(もらいもの)けど、全然携帯性に優れない図体をした赤い手帳が欲しくなった。

満足。

こうやってお金はなくなっていくのだ。
この一週間でおろした3万円はどこかへ行ってしまった。
ハードディスク買った上に毎日飲み会だったから仕方ない。
自分としては、ちゃんと意義のある使い方をしたと思ってる。
周りの人からすればそうは思わないのかもしれないけど。


色んなものが乾いていくのを感じながら、ちょいちょいっと7時間ぐらいこなして(あっという間に時間が過ぎる)、研究室に行く。


誰もいないだろう、と思ったら電気がついてる。
誰がいるのかな、と思ってドアを開けて、目の前の部屋のドアの奥の電気がついてて赤い手帳を買った喜びが一瞬で身を潜めた。

(以下自主規制)





*******************************

さっき江國香織の「神様のボート」を読んでて、


読んでると輪唱の様についてくるやわらかい余韻はなんなんだろう


って思ったわけです。

なんなんだろう、どうやったら書けるんだろう、真似してみるか、っていうノリで。

ごめんなさい。真似出来ませんでした。
ドコガ?って感じですね(笑)





当たり前です。直木賞作家です。
というか真似出来たらそれはそれで困ります(笑)


こないだAさんが言ってましたが、

アウトプットするためにはインプットがないと絶対無理。

っていうのは至極当然だけど非常に納得です。

作家さんの頭の中を覗いてみたいです。

いやー、ボキャブラリーが全然足りないし、引き出しを活用するひらめきも足りない。まだまだだ…。


う~む、僕はいったいどこへ向かっているのだ…(笑)





大学生の日記です - 日記・ブログ

| ネタな日々 | 23:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

志が高いですねぇ。
まだまだ日本は牛耳れそうにありませんか(笑)
こちら側からすればあなたはかなりできたお人ですが・・・(^_^;)
上には上がいるものですねぇ。

いつかNZの思い出も書いてネ☆
楽しみにしてますから!!

| ひろかず | 2006/03/06 01:53 | URL | ≫ EDIT

>ひろかず氏
いや、別に作家になりたいわけじゃないので(笑)

ただ、こうやってブログかいてて、最近書くの楽しくなってきたし、文章で表現するにはそれなりのもんがないと、ってこと。
もっとこの稚拙な文章をブラッシュアップしたいわけで。
そうすればやたらめったら長い文章が短くなるんじゃないかなー。

| ひろし@管理人 | 2006/03/06 02:05 | URL | ≫ EDIT

いじめられました(笑)
ま、自分のことはわかっているつもりなんで、一応。
反省することはないっすよ。
私が悪いんだから。

| linn | 2006/03/06 14:25 | URL | ≫ EDIT

>linn氏
これ以上はいいません。
ホントはもっとボッコボコにしたかったんですけど。

愛のムチです。

| ひろし@管理人 | 2006/03/06 14:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crossproduct.blog32.fc2.com/tb.php/100-917cacd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。