cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイトル考。

看板、みたいなものである。

本を買うときなんかは、かなりタイトルに左右される。

タイトルが魅力的だと、つい買ってしまうのだ。

(唯川恵の本は、表紙もきれいだしいっつも本屋でヤラれるのだ)





適切に内容を表すもの、でなければならない。

メールのタイトル。

一日に何十通もメールが届く忙しい人にもきちんと見てもらうには、「こんにちは」とかいったタイトルじゃ気に留めてもらえない可能性さえある。

mixiのコミュのトピなんかもそう。

はじめまして! とか 質問です!とかなんなのかよくわからんタイトルはやめてほしいですねー。








内容を補完するもの、スパイス的存在になることもある。

4コママンガのタイトルなんかは、結構そんなことが。

みずしな孝之氏のマンガが好きなんですが、うまい。


幕張サボテンキャンパス (1) 幕張サボテンキャンパス (1)
みずしな 孝之 (1996/05)
竹書房

この商品の詳細を見る


これね。一つ一つのタイトルのつけ方が絶妙なんだなー。

タイトルが5コマ目になってることが多い。

タイトル見て、起→承→転→結ときてまたタイトルに戻ると、最初見ただけではわからなかったタイトルの意味が分かる・・・みたいな。

限られた空間に収めなければならない4コママンガだからなのかもしれないけどっ。





だからねー、ブログのエントリのタイトルも、けっこう考えるんですよー。
記事を書いてからタイトルを考えることもあれば、タイトルずばっと決めてからかくことも。

タイトルを後に決めるほうが多いかな。
これは先にタイトル決めたけど。

どうにかしてひねるのが好きです(笑)
全然関係ないタイトルがついてても、実は関連してたりするんです。
僕しかわからないこともあったりしますが(笑)









蹴りたい背中 蹴りたい背中
綿矢 りさ (2003/08/26)
河出書房新社

この商品の詳細を見る

これなんか、タイトルが好き。

なんていうか、読んでて意味がわかる、ってのが好きですね。

蹴りたい背中は、ハッとしました。

タイトルがすごく印象に残ったなぁ。





そして、現在読んでる本。



封印再度 封印再度
森 博嗣 (1997/04)
講談社

この商品の詳細を見る

でました森博嗣

封印再度。

英語タイトルが

who inside





うはっ、なんですかこれは。

読みが同じ。いやーん。





しかも、封印再度もwho insideもしっかりストーリーに合ってます。いやーん。

表紙でしびれました。

すごい。っていうかもうひどい。

なんでそんなの思いつくの。

すごすぎる。




まだね、最後まで読みきってないんだけど、書いちゃった(笑)

そう。もう、これが書きたかっただけでここまで引っ張ったんです♪

封印再度とwho insideですよ?(しつこい)

さーて続き読むかー!



すごいでしょ?すごいでしょ?すごいと思ったらクリックしてね☆

| 好きなもの | 01:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日付かなりたっちゃったけど・・・

てゆーか、このタイトルすごい!!
封印再度とWho inside!!
なんじゃこら!
密室系なんだよね?(読んでないから分からないけど。)
私もこーゆーの思いつく頭になりたいなぁ☆

| れいか | 2006/08/19 22:12 | URL | ≫ EDIT

>れいか氏
すごいでしょ?これ。
そーです。密室出てきます。ミステリーだもんね。
頭の構造が違いすぎるよね、ホント。
…とか言ってちゃ何もならない。
追いつけ、追い越せ、です。

| ひろし@管理人 | 2006/08/19 22:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crossproduct.blog32.fc2.com/tb.php/189-00dab5c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。