cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芽生える殺意。

こないだ、レイアウトに関する本を買いました。とても面白かったです。

デザインには、重要なこと。
それに加えて、重要なのは、色。

全部白黒2階調で表現すれば問題ないですが、そんなことしてられない。
逆にレベルが高い(笑)

というわけで、色に関する本も買ってみました。




今日も元気にFIB!な日だったので、大学に行く途中に本屋に寄って適当に選びました。



色彩デザイン―配色技術専門マニュアル / 南雲 治嘉

本書は、これまでの限定された色彩ではなく、脳生理学や生理工学がもたらす色の働きを活用して、確実な効果をもたらす配色技術を学ぶためのものです。



ってとこにね、惹かれたんですよ。

色に対する感覚を科学的に解説してくれてそうな感じがして。

センス、なんてものは知識でカバーできる。
それは、レイアウトの本でわかった。

亜流じゃだめだ。
やっぱり、何事も基礎が大切。

真理ってのは深い部分にあるもので、表層にあるものとは異なる。
そこへ辿り着くために必要なのが論理的な思考であり、
そのためには判断材料が必要。

その手助けになっておくれ、と。








でまぁ、実験しながら読んでみたんですが。

























ひどい。これ。















妙にいろんなことが小難しく書いてあるけど、それが一体どう役立つのか、一切書いてない。

詳しく説明したいけど見返してるだけでむかついてきた(笑)

50ページぐらいまで読んで、得るものがほとんどない。

なにこの長い前座。




文章と絵、章と章、解説と例題、ペアになっているはずのものに一切有機的な関連が見い出せない。


書いてる人はちょっと理系をかじってるのだろうか、光は電磁波であるとか言い出してるし。

お前マクスウェルの方程式理解できてんのかと小一時間問い詰めたい。

理科の教科書ばりに眼球の絵が載ってて、どこが虹彩で網膜で、みないな話してる。
色を認識するということを科学的に解説したいみたいだけど、それがどうつながるのか一切書いてない。ぶつ切り。言いっぱなし。

で、そのページに載ってる例題が、「家族の肖像を円と長方形だけで表現せよ」。



視神経細胞とかさ、錯体細胞とかさ、なーんの関係があるの?





全てがこんな調子で、ユニットが全て独立していて、理解できない。

脳生理学も生理工学もぜんっぜん役立ってない。

大体が一回も引用とか出てこないし。

ひどい。ひどすぎるよ。





文章もさ、ところどころ日本語がおかしいし、思いっきり誤植してる部分がある。

箇条書きになってる部分も、全然並列に扱う要素じゃないし。

独立と従属、並列と直列、みたいな基本的な分類のための概念が全くないのかなぁ。

不快感のオンパレード(笑)むかつくわー。






なんで途中で光電効果の話とか出て来るんだよ。

エネルギーとか時間を関連付けたいようだが、全く論理的に話が進まない。

結果に原因がないし、原因にも結果がない。

ひどい。ひどすぎる。






でもって、具体例が、あるにはあるんだけど、それも投げっぱなし。
写真とかのっけても解説がねーの。

載ってる解説も、コメント程度。その場限り。
次に全くつながらないから理解できない。







全体を通して、一貫性が全くない。


無理して最後まで読んで、得られたのは、不快感。軽い殺意。




ここまで失敗した買い物って最近ないよ。

もうね、ダントツ。

書いてたらまたイライラしてきたんで、もうね、ビリビリに破って捨てました。


俺の1800円返せー!。・゚・(ノд`)・゚・。




大学生の日記です - 日記・ブログちゃんと調べて、今度違うの買いに行こう…

| ネタな日々 | 00:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1800円かぁ…
その本から受けた不快感を考えるとそれ以上の損失ってことですね
高いなぁ~

私も途中まで読んで投げ出した本はありますが、さすがに立腹までした本はありませんです

| りぃ | 2006/10/23 02:54 | URL | ≫ EDIT

>りぃ氏
絶対やっつけ仕事ですね。
もう絶対この人の本は買いません。

種類は全然違うけど、ひどい本として有名な「リアル鬼ごっこ」読んでみたいです…。
また破っちゃうかしら(笑)

| ひろし@管理人 | 2006/10/23 12:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crossproduct.blog32.fc2.com/tb.php/231-ae5dc794

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。