cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

携帯を分解してみよう!

※今回写真多いです。重いです。気をつけてください。















先日、無くした携帯が帰って来ました。



cellerphone2.jpg


おかえりなさい。まぁ、傷だらけ。














しかも。












broken_display.jpg

怪我してました。














しかも、もう機種変しちゃったし。

幸い、データは生きてたので、auショップで吸出し吸出し。

さて。












完全にもう用済みなこの子。

どうしましょう。























中身、見てみようか。













というわけで、第1回携帯をばらしてみようのコーナー!

cellerphone.jpg

まずは、真ん中の蝶番の近くの何か隠れてそうな四角いところをはがします。








screw2.jpg

出てきました。ネジ。

しかもやっかいなことに、ネジ穴が三つマタ。

普通のドライバーじゃ開きません。

ま、無理やり開けますけど(笑)








screw.jpg

ここにも隠れてました。ネジ。見逃しません。








cover.jpg

で、カバーが取れました。








reinforcement.jpg

金属みたいなのも取っちゃいます。

金属みたいだけど、めっちゃ軽い。

マグネシウムかな、と思ったけど、樹脂でした。ABS樹脂








separate_display2.jpg

で、背面液晶もはずします。








separate_displayjpg.jpg

解剖解剖。ここまできたら、下側もカバーをはずさなきゃとれなさそうです。ぷらぷら。








back_of_cellerphone.jpg

というわけで、同じようにこっちもはずします。








parts_of_cellerphone_top.jpg

おかげで全部取れました。
左上から時計回りに、固定台、バックライト、液晶ディスプレイ、基板、サブディスプレイ、補強材。
フレキシブル回路がふんだんに使われてますね。

皆さん普段使ってる携帯の中身はこんなことになってるんですよ?








button_and_substrate2.jpg

今度はボタン側。
ボタン、基板、枠にセパレート。








label_and_substrate.jpg

基板の白いシールをはがすと裏にはスパンコールみたいなのが。

電極ですね。

ボタンを押すと、基板と接触して電流が流れてonとoffになるんですねー、きっと。








substrate3.jpg

で、その反対側はこんな感じ。

なんか守られてます。はがしましょう。








substrate2.jpg

はがしました。携帯の脳みそが出てきました。

こんなちっこいICでいまやパソコン並の機能を提供してくれるんですからねー。こんなもんを作った人すごすぎます。








parts_of_cellerphone.jpg

というわけで、大体ばらしました。
このちっこいハコのなかにはこんなにたくさんの部品が入ってました。




























これで終わりかと見せかけて、まだ終わりじゃない。




























ICの中が、見たい。

うちの研究室配線の研究やってるからねー。

よく写真で見るやつ、生で見たい。

ワクワク。

別に見たくないって言ったヤツあとで体育館裏こい

























というわけで、ICを基板からはがします。








heating_substrate2.jpg

はんだでくっついてるわけだから、半田ゴテ使えば取れるだろうと。

メガネはうちのドクターです(特別出演)。








heating_substrate.jpg

意外と耐熱性があって、半田ゴテじゃうまくとれなかったので、ホットプレートで更に熱します。

半田、溶けるかと思いきや、なかなかしぶとい。








separate_IC_and_substrate.jpg

最終的に、ホットプレートと半田ゴテの両刀使いでどうにか。








IC.jpg

ICゲット。クアルコムさん。
君の中が見たいんだ。見せておくれ。魅せておくれ。








halfIC.jpg

ダイヤモンドカッターですぱーんときります。真っ二つ。

その断面を研磨して、光学顕微鏡で見ます。








interconnect500.jpg

配線の断面×500倍。

真ん中の2つの大きい金というか黄緑色したヒビはいってるでかいのが、たぶんSi基板、じゃないでしょうか。

その下の金色のは配線。黒い部分は絶縁層。

これだけだとふーん、って感じで終わっちゃいますが、よくみると、真ん中になんかありそうな予感がします。

拡大してみましょう。










interconnect2000.jpg

はい、×2000倍。

なんか、ありそう!








interconnect5000.jpg

×5000倍。

多層配線が見えた!!

interconnect5000_2.jpg

はい、クリックでおっきい画像。

右下にあるスケールが1ミクロンなんで、サブミクロンオーダー。

先生の話では、配線幅は130ナノとかそんなもんじゃない?とのこと。

ほほ~ん。

ちなみに、色んな色に見えるのは偏光してるから。色が違っても全部同じものです。

こんな風になってるのか。ケータイって。

すげぇ。








liquid_crystal.jpg

こっちは、液晶ディスプレイを顕微鏡で見た写真。

緑、青、赤、ワンセットで1ピクセル。これがわぁーっ!っと密集してて、裏から光を当てて、液晶に電流を流してその光を通したり通さなかったり制御して色を出します。

何か線が見えるけど、それは配線。電流流すためにね。一個ずつに対応してるからびっしり。

っていうかその一つ一つ全てに番号振ってあるし。どんだけー!!



原理を習っても、ふーん、としか思わないけど、実物触りながら見るとやっぱちょっと興奮しますね。

普段ぞんざいに扱ってるけど、すげぇハイテクだなこいつ。






やるだけやって、かなり満足しました(笑)

ほら、たまには工学部っぽいこともするでしょ?

FC2blogRanking

| ネタな日々 | 05:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あれ?お前アンニン使ってなかったっけ?
てかウィルコム一本化しようぜw

| くり | 2007/06/27 21:12 | URL | ≫ EDIT

>くりさん
infobarはメール2通打つだけで電池が一個減るようになったから機種変した。その次の代だ、これは。
一本化っていうか使わなくなったからウィルコムつい先日解約してしまった(笑)

| ひろし@管理人 | 2007/06/27 21:27 | URL | ≫ EDIT

すっげ!すっげ!
期待以上でしたw
さすが研究室だけあって、分解に必要なものは何でもあるねw

| アンナ | 2007/06/28 00:01 | URL | ≫ EDIT

いや~すげぇスクロールするときドキドキしちゃった(´-`)
一番驚いたのはクアルコム使ってるトコだったけどwww

| a flying sheep | 2007/06/28 00:50 | URL | ≫ EDIT

光顕で5000倍もいけのか
羨ましい。SEMなくても色々見てしまうじゃないか
うちのは1000が限界

| どこの誰だかわからない | 2007/06/28 03:06 | URL | ≫ EDIT

>アンナさん
さすがに断面まで見てるとは思わなかっただろー(笑)
パソコン分解するのも面白いよっ♪


>a flying sheepさん
3Gの技術握ってるのがクアル○ムなんだよね?たしか。
他にもEPS○Nとか色々なとこのICがあったけど、なぜかT芝さん製ICがなかった。T芝さん製ケータイなのに!(笑)


>メガネさん
かなりハイテクっすよ。こいつ。
昨日これの話したらおい○わ先生も羨ましがってた(笑)

| ひろし@管理人 | 2007/06/28 22:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crossproduct.blog32.fc2.com/tb.php/339-d49a739e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。