cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イタリア旅行4日目 - フィレンツェ編

この日はオプションでプラダとグッチのアウトレットに行けたけれど、行っても買う気ないので一日フィレンツェ観光。



朝から見つけたこのマックの三輪車。

マイクロメガ



























マイクロメガ


マイクロメガ。




でかいのか。小さいのか。どっちやねん。

ってかマイクロとメガかけたら1だけど。わけわからん。












まずはメディチ家の礼拝堂。

これだけ豪華な私物ってのも、なかなかないと思う。

中の美術品が美しいのはもう当たり前で、建物自体が美しいのも当たり前。

朝から目を奪われっぱなし。

中でも、ミケランジェロの手による彫刻は群を抜いて素晴らしかった。

なんなんだろう、石のくせにあの艶めかしさ。石だよ、石。

触れたら暖かそうなあの質感。絶対冷たいはずなのに。

ずっと見つめてると、刻々と変わる表情。変わるはずないのに。

天才、を肌で実感。

















その後ドゥオモに移動。

冷静と情熱の間(←見てない)で一躍有名になったドゥオモ。

昨日の夕暮れ時のドゥオモとはまた一味違った姿。

そのドゥオモに

































フィレンツェ一望

登った。

ちょっと霧がかかってたけど、んなもん関係ない。絶景。

フィレンツェは街全体が一つの美術品といわれるけれど、まさにそれを体感できる場所。

そしてこの鐘の音。



これよ!これ!ディス!イズ!フィレンツェ!!











しかし、一つだけ残念なことが。









落書き、多いんだよね。

日本語もけっこう多い。

なぜこんなにも美しい場所を汚してしまうのだ。

もったいない。



しかも、まさに今柱に落書きしてる東洋人を発見。

何人だよこいつ、と思ったけどなかなか確認できず。

終わったらしく、移動して、書かれた後をみる。

“○○ ×× △△ 一生友達”

日本人かお前。

ふざけんなとか日本の恥とか言ってやったけど、今思えば近づいて頭掴んで思いっきり怒鳴り散らしてやればよかった。

まじありえん。

何が一生友達だよ。

ふざけんな。

お前のどうでもいい宣言が全人類共有の財産に傷をつけたんだよ。

償っても償いきれない大きすぎる罪を一生背負って生きろよてめぇ。

あー思い出すだけでイライラする。殴ってやればよかった。





京都のお寺もそうなんだよね。

三十三間堂なんか落書きひどかったなぁ。

やめて。ほんと。

ダメ、絶対。










その後昼食を食べ、ガリレオとかの墓がある教会へ。

ガリレオ以外にも、ダンテ、ミケランジェロ、マキャベリなどなど有名な人のお墓がいっぱい。

なんか、美しいって書くのもちょっと飽きてきたね(笑)でも、美しい。














そして、一番楽しみだったウィフィッチ美術館へ。

ここには、教科書に載ってるあんな絵やこんな絵がたくさん。

並んで中に入ると、そこは・・・












広い。

とにかく広い。

どんだけ絵たくさんあるんだよ。

しかも、美術館自体も美術品。

壁画がたくさん。

もともとここ、お役所だったらしい。

メディチさんは何を考えてるんでしょうか。

こんなに天井まで絵が描いてあったら仕事しづらいって(笑)

事務作業なんてできない。残業して日が暮れたら怖いよ。

絵だけじゃなくて、壁とか天井まで見所たくさん。

見終わらん(笑)



そんなに絵に詳しくなくても知ってる絵。

ボッティチェリの「ビーナス誕生」



これ、絵なの?



ってくらいに立体的。髪の毛が刺繍みたいだった。横から覗き込んでしまった。膨らんでないの?って。

西洋画よりも日本画みたいな繊細な絵が好きだったんだけど、本当に美しい油絵ってのはこういうものを言うんだね。

今まで見てたのはダメだったってことか。

やっぱ本物はちげぇ。

他にも「春」とか、ダヴィンチの「受胎告知」とか、あー知ってる知ってるな絵が。

天使が降り立ったその“瞬間”を捉えてて、すさまじい躍動感を絵から感じた。



でもって、そういう有名なシーンって、たくさんの人が描いてるんだね。

キリスト誕生のシーンとか、磔にされてるシーンとか、様々な人が様々な表現で描いてた。

そうやって比べて見るのも楽しい。

ただ、生まれたばかりのキリストの腹筋がモナカになってるのはどうなんだろう。

リアリティなのか?いくらキリストでも赤ちゃんってそんなマッチョじゃねぇ。

納得いかない(笑)





















絵を見て思ったこと。























パズル欲しい。






















ポストカードじゃなく、パズル。

春のパズルが欲しい。

この絵を思い出しながらパズルやりたい。




















と思ったら、ちゃんとあった。お土産売り場に。

もちろん購入。

あまりに無知なため理解できてない部分が多かったので、本格的なガイドブックも購入。

歴史勉強したくなった。というか聖書を読んでみたい。

噛み砕いて解説してある新書でも探してみようかな。




美術館、楽しいなぁ。

もっかいきたい。時間足りない。

ルーブルにも、行ってみたいなぁ。

やっぱり本物は違う。








本物といえば。

ウィフィッチにもたくさん彫刻があった。

メディチ家の人々のがたくさん。他にもたくさん。

しかし、いや、素晴らしいことは素晴らしいんだけど、礼拝堂でみたミケランジェロの彫刻には全然及ばない。

質感が違う。

こっちは、やっぱり石なんだよね。

ミケランジェロは、ホントにすごい。うん。



FC2blogRanking

| 2008イタリア旅行 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crossproduct.blog32.fc2.com/tb.php/404-998a6980

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。