cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抱負

今日で卒業。新入社員を。
明日からは、2年目。







大学生のころから、ぼんやりと
コンサルになりたい
と思っていた。具体的にどうなりたいのかはわからなかった。
あのときの思いが、少し形になるようになった。





























コンサルティングというのは、肉体改造のコーチみたいなものである。


戦略系のコンサルは、
データに基づいた効率のいい筋トレプログラムを提案し、ダンベルを渡す。

これに従ってやれ、と。


システム系のコンサルは、
出力を備えた補助具を提供する。介護用のパワーを増強するロボみたいな。

うちの会社は、さながら企業をサイボーグ化している。




だがしかし、肉体改造をしようと言い出すのは親(経営陣)で
肉体改造させられるのは子(現場)である。

往々にして、やれと言われたことには反発するのが子の心情である。
経営陣の見る数字にはいい結果が出ていても、現場がそれを受け入れているのかは別問題。

その肉体改造の真の目的に、
現場がコミットしているのかが鍵となる。

意志があるのか、だ。














多くの日本人がブートキャンプに入隊したが、
それで一体何人が肉体改造に成功した?




本気で肉体改造したいと願うなら
DVDなんて見なくとも自分で筋トレくらいできる。

どんなに明晰な方法論があっても
どんなに素晴らしいシステムがあっても

使う気がなければタダのゴミ。

やる意志があるのか、だ。


改革に最も効果があるものは
当事者の「改革したい」という意志だ。






その意志の部分を、コンサルティングしたいのだ。
モチベーションに興味があるとずっといい続けてきたのもそれだ。

うちにある意識を引き出す。

ようするに、コーチングとかファシリテーターといった分野だと思う。





今の会社でもこれは学べることなので
自分で勝手に取り組んでいく。

planed happenstance theoryを信じて
力を蓄えておく。










言われてやるのが嫌なのは、誰でも知ってる。

その嫌を解決したい。

自らやりたいと言い出せるように。

| | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crossproduct.blog32.fc2.com/tb.php/453-083400c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。