cross product

Only those who do nothing make no mistakes.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

T技官(続き)。

いつもながら、記事が長くなってしまいます。
どうしたらいいんでしょうか。
いったい誰がこんな長い文を読むのでしょう。

まぁ、基本的に自己満足なのでよしとします。

さて、続きです。

続き物なので、先にこちらから読む事をお勧めします。


第三章~時計~



T技官が、窒素ボンベを交換しにやってきました。
僕は、真面目に作業中です。





「ちょっとボンベ押さえててくれない?」









少しくらい空気読んでください('A`)





仕方ないので手伝います。
まだSUS管とか繋がったままの窒素ボンベを無理やり交換しようとしてます。




いや、そこは通らないでしょ。







そこは無理じゃないですか?と聞くと、








「いや、アレですよ、一人じゃ無理だけど押さえておいてくれるとうまくいくんですよ」



























全く持って意味不明です。


僕はボンベを縮めるほどの

力は持ってませんよ?


どっからそんな理屈が出てきたんだ・・・。









で、無理やり交換して、黄色いベルトで縛り付けてます。








べちんべちん装置に当たってます。







いやいや、それ高いんですよ?何千万もする装置なんですよ?















お構いなし。












で、交換し終わると、ぼそっと、


「この時計、もっと上にあった方がいいと思いません?」







同意を求められました。
でも、座ってても普通に見えます。
特に不便さは感じません。

というか更に上ってコンクリートですけど。今は木のハリがあるからいいですけど。どうするんでしょうか。


















「いや、アレですよ、コンクリに穴開けてビス差して」




















なぜだ!

なぜそこまでして

時計を高く掲げたい!?



































「俺、時計は高いところにないとダメなんですよね。ほら、
ビッグベンとか鳩時計とか、みんな高いところにあるじゃないですか。そうじゃないですか?」















ごめんなさい。

同意できませんでした。






えと。どこから突っ込んでいけばいいんでしょう。








まず、なぜビッグベンと鳩時計が並列に扱われるのか。







低いところにある鳩時計だって存在するでしょう。










っていうか、今だって十分高い位置にあるじゃないですか。










「いや、立つと目線の高さにあるのは許せないんですよ。」




































そのためだけにコンクリに

穴開けようとしてるんですか('A`)











っていうか今ある位置の上1㍍もいかないうちに天井ですけど。



















T技官の美学は奥が深い。
















あまりにも面白かったので、突っ込んでしまいました。
大爆笑です。
他の研究室の人がSEMいじってようが構いません。

そしたら。




「あのさ、ほら、あの人に似てるって言われない?えと、TOKIOのリーダー。」

















一切言われたことありません。

顔も似てませんよ?







何で?って聞いたら。








「関西のノリって感じがするから。」















うーむ。

僕は千葉出身。今住んでるのは仙台。


確かに、関西のお笑いは好きですけど。


関西のノリ、なのかなぁ。











っていうか。












なぜ関西のノリを表現したくてジャニーズ!?
















































第四章~モップ~










装置をいじっていると、またT技官がやってきました。

手には、モップとモップ絞り器を持ち、長靴を履いています。

雪のせいで汚くなったから掃除しにきたんだそうです。






精密機械がある部屋ですから、土足は入り口で脱ぐようになってます。

ナノビーム加工室
こんな感じです。右にある装置がFIB。


その玄関口が汚れてたんですよ。だから掃除。









で、T技官、モップ絞り器をなぜか自慢してきます。

確かに、よく見かけるものよりもサイズが小さいです。コンパクトです。






















だからって、これちっちゃくていいでしょ?って何度も聞かれても困ります('A`)






















で、その自慢のモップ絞り器を、土足禁止の方に置きました。






























確かに、確かに玄関掃除するのに玄関にモップ絞り器を置いたら掃除しづらいですよ?

でもね、そこは土足禁止なんですよ。ねぇ。









なんで汚れていいところを掃除しに来て汚れちゃいけないところを汚すんですか('A`)

















で。


モップを絞るとき、足でレバーを踏んでローラーで挟むじゃないですか。
ぐいっと引き上げて水を切ります。
















微妙に、遠いんですよ、モップ絞り器を置いた場所が。




















案の定。

















モップを絞るために

土禁地帯に長靴で侵入。

























あーぁ。














玄関だけがきれいになったら、満足して帰っていきましたとさ。






大体が、長靴履くほど汚れる作業?
部屋全体をモップがけならまだしも、玄関だけよ?




















お腹がいっぱいです。
助けてください。

















一つだけ残念なことは、FIBを使用する人が少ないため、T技官の存在を知らない人が多いということ。

こんなにネタな人はなかなかいません。

面白すぎです。

実験がうまくいかなくても、T技官が笑わせてくれると和みます。







ただ、基本的にFIBでエラーが出て困ったときに、技官だからといってすぐ召喚してしまうとメダパニにかかるため、よけいに大変なことになります。



むやみにメダパニにかからないように、ひょっこり現れたときは本当に深刻な事態以外はどんなときでも「順調です」と報告することにしています。









↓T技官が面白いと思った人はクリック。
大学生の日記です - 日記・ブログ

| ネタな日々 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crossproduct.blog32.fc2.com/tb.php/58-1a290cf0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。